パソコンのことなんでもニュース

パソコンのことをメインに時々身の回りのことを書いております。

ハンターの司法取引崩壊

米バイデン大統領の次男ハンター・バイデンの司法取引が崩壊した。デラウェア州の連邦裁判所(マリエレン・レノイカ連邦判事)でのこと。

本来なら重罪に当たる事業所得の脱税と麻薬使用者の銃不法所持を軽犯罪とすることを条件にハンター側はそれらの罪を認めるという司法省とバイデン側との司法取引が成立していた。

今回マリエレン・レノイカ連邦判事は司法取引の内容には含まれていない外国の会社と取引する際に義務付けられている外国代理人登録法未登録について言及し、それが司法取引の内容には一切含まれていないことから検察側とハンター側で調整するよう指示、結果検察は外国代理人登録法は司法取引には含まれていないと明言してそれに驚いたハンター側が司法取引はなしだ!と席をたった。

司法取引が無効となったことで新たな釈放条件を定めた。

しかしその内容はドラッグを一切やらない、お酒を一切飲まない、連邦政府の監督に服すること、薬物乱用治療に参加すること、など多岐に渡り、一部のツイートではハンターにこれらを守らせるのは一般の人に空気を吸うなと言っているようなものだ、と揶揄された。

参照「2023.7.27【速報】バイデン大統領の息子のあの取引【及川幸久−BREAKING−】|YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=OJvE4cyrxuY

「訴追されたバイデン氏次男、司法取引成立ならず 条件面で検察とズレ [アメリカ大統領選挙2024]:朝日新聞デジタルhttps://www.asahi.com/articles/ASR7W2352R7WUHBI001.html